Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

日々のあわ

自転車の話題

小山田周回練/飲み

久しぶりのチーム練。といっても男4人有志のメンバーなので公式練かどうかは不明。
3月後半に暴食により81kgまで増量し、その上動脈硬化を起こすほどのむくみで20mも歩けなかった時から比べるとフィットネスレベルも戻って来ているように感じる。
パワーメーター導入すればTraining PeaksでTSBとかCTLで客観的指標が得られると考えると欲しくはなるけど、当面はボルグスケールのRPE(主幹的運動強度)でも良いのでは
と思ったりもする。

 


小山田周回練 112.4km 2540KJ RPE 16

 

さて練習。、
ヒサタケの声掛けで集まったのはシバタ君、カイさん、そして私の計4名。果たしてどこまでついていけるか・・・.
コースは小山田周回なので走り慣れた甲州街道を気持ちのいいペースでローテーションしながら進み、鶴川街道から尾根幹入口へ。

私を除いた3人はいいペースで登って行く。私はというと登り(ロードレース全体と言ってもいい)における最大のボトルネックである体重がしっかり仕事をして
登りに入るとすぐに千切れてしまい、その上信号にも捕まりマイペースで進むことに。
マイペースといってもダラダラ走る事はしたくないし、あんまり遅いと先に着いた3人の身体も冷えてしまうだろうから、しっかりと踏む。

 

S/G地点のセブンイレブンに着いて補給をし、4人揃って周回開始。予定は4周。甲州街道の段階では5周予定だったがw
特にパックで行くという雰囲気でもなかったが、最初のパーク坂でいつも通り千切れる。(これホントどうにかしないと本番なら即レース終わるで。。)


登り以外のセクションでは出来るだけ踏んで遅れを取り戻すよう努める。すると病院坂前のアプローチ区間でカイさん発見。集合時点で疲労困憊のようだったので、
頑張る区間を絞っているのだろうか。その前方にヒサタケも発見。
病院坂では千切れるも、その後の下りで挽回してそこからの平坦はローテーションも入り、以降3人パックで。
途中何度も登りで千切れるけど、下りや信号で挽回して3周目を終え、ラスト1周出し切るぞと気合いを入れたところでンみんなセブンへピットイン。


「3周x2セット..?」


とビクつくも、どうやらそのまま練習終了の様子。周回数間違えたのか?まあいいか、久しぶりの小山田キツかったし。
その後はパン屋hへ移動して自転車トークなどしつつリラックスして過ごす。もう正直全然自転車で帰りたくないくらいにリラックスした。
チーム練は練習自体は刺激にもなるし課題も見つけやすい上、こういう時間もあるからモチベーションを保つのには最高だなと感じた。

帰りの甲州街道でシバタ君が爆上げしたのに付いていったところでその日の最大心拍177を記録。
最後までしっかり強度を上げられて満足感に浸りつつ、帰宅は15時頃だったか。


プロテインだけ補給してリラックスして過ごしていると、シバタ御大から飲みの誘いがあったので、二つ返事でGo.
チームメンバー3人で自転車の話題中心にあれやこれや話しながら飲んで食べて帰宅は23時頃かな。
翌日どこを走るか考えながら寝た。